チェンソーマン打ち切りの理由は?2部はなぜジャンプ+に移籍?2部は無料で読める? | 厚木ケーキを探せ!ケーキ大好きっこのブログ

チェンソーマン打ち切りの理由は?2部はなぜジャンプ+に移籍?2部は無料で読める?

スポンサーリンク

第一部「公安編」までが週刊少年ジャンプで連載され、現在はジャンプ+で第2部が連載中の「チェンソーマン」。

アニメの放送も開始され、根強い人気のある作品です。

2部からジャンプ+に移籍したことから「打ち切りになったの?」と思った人も多いかもしれません。

ですが、そしてなぜ移籍になった理由はハッキリしていません。

今回は、打ち切り回避の理由やジャンプ+への移籍の理由についてまとめてみました。

アニメ チェンソーマンはAmazonプライムで配信中!

11/25~12/1にブラックフライデーもあるので、今のうちに入会しておくとお得です。

スポンサーリンク

チェンソーマン打ち切りの理由は?

勘違いしている方も多いかもしれませんが、チェーンソーマンは打ち切りにはなっていません。

現在もジャンプ+にて連載しています。

あくまで週刊少年ジャンプでの連載が、第一部までの掲載でした。

急な移籍で、打ち切りと勘違いした人も多いのではないでしょうか?

打ち切りにならなかった理由は、「人気がある」からです。

少年誌に掲載するにはかなりギリギリの描写も多いチェーンソーマンですが、その異色さや緻密な物語の伏線が国内外問わず人気です。

アニメの放送でより多くのファンが増えるかもしれません。

なので、今後も打ち切りにはならないと思っていいでしょう。

スポンサーリンク

チェンソーマン2部はなぜ移籍した?

チェーンソーマンがジャンプ+に移籍した理由について、公式には発表されていません。

しかし調べてみると、

  • 担当編集者の移動
  • 表現の拡大

といった理由が判明しました。

それぞれ見ていきましょう。

移籍の理由①:担当編集者の移動

ファンの間で最も有力な説が「担当編集者の移動」です。

チェンソーマンを担当しているのは「林士平(りんしへい)」さんで他にも、

  • ダンダダン
  • SPY×FAMILY

など人気作品を担当されています。

移籍の理由②:表現の拡大

ジャンプ掲載時も少年誌とは思えないギリギリの描写で、時には「問題作」として話題になったこともありました。

そういった少年誌ではギリギリだった、表現の幅を広げる為の移籍も考えられますね。

スポンサーリンク

2部は無料で読める?

チェンソーマンの第二部は「ジャンプ+」のアプリで、最新話を含めた3話まで無料で見ることができます。

それ以前の過去の話を読みたい場合は、有料になります。

アニメ チェンソーマンはAmazonプライムで配信中!

11/25~12/1にブラックフライデーもあるので、今のうちに入会しておくとお得です。

スポンサーリンク

ジャンプ+でのチェンソーマンの読み方

1)アプリ「ジャンプ+」をインストールする

2)ホーム画面から曜日ごとのランキングに移動

3)水曜日のランキングにチェーンソーマン第二部がある

人気作品なので、ほとんどランキングの上位に表示されていますが、もしも見つからない場合は「チェーンソーマン」で検索してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、打ち切り回避の理由やジャンプ+への移籍の理由についてまとめてみました。

その結果、

  • 打ち切り回避の理由は、人気作だった為
  • 移籍の理由についての公式からの発表はない
  • ジャンプ+では、最新話を含めた3話が無料

という事が分かりました。

第一部では衝撃的な結末だったので、打ち切りではなくて安心した人も多いのではないでしょうか?

第二部の連載も好調で、初回の閲覧数は800万を超えています。

今後の展開にも期待が高まりますね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました