シン・ウルトラマンが気持ち悪いとの声多数?不気味、怖い、気まずいシーンとは? | 厚木ケーキを探せ!ケーキ大好きっこのブログ

シン・ウルトラマンが気持ち悪いとの声多数?不気味、怖い、気まずいシーンとは?

スポンサーリンク

2022年5月13日から公開された映画『シンウルトラマン』。

話題作だった「シン・ゴジラ」のスタッフが手掛けたとあり、公開前から注目されていました。

とてもよかったという声がある一方で「気持ち悪い」「不気味」という声もあるようです。

なぜシンウルトラマンが気持ち悪いと感じるのか?について口コミなどを調査しました。

シン・ウルトラマンが気持ち悪い理由は?

シン・ウルトラマンが好評の口コミもある一方で、「気持ち悪い」という声があがるのはなぜなのでしょうか?

また「気持ち悪いと感じる」のはどういったところがそう感じるのか気になりますね。

シン・ウルトラマンのビジュアルが気持ち悪い

まずひとつにウルトラマンのビジュアルに違和感を覚える声があるようです。

シン・ウルトラマンのビジュアルが細長い、細かい部分まで作り込まれているというところが逆に気持ちが悪いという声があるようです。

また特撮のときのウルトラマンを想像していると、3次元に合わせたビジュアルに違和感をおぼえやすいのかもしれません。

他の怪獣も神秘さと不気味さ、そして親しみやすさが同居しているという感想もあり、3次元ならではの感じが逆に気持ち悪いと感じることもあるようです。

シン・ウルトラマンの感情が読めない表情が怖い

上映前に発表されたウルトラマンのビジュアルが怖いと感じる人もいたようです。

海と山に囲まれて無表情で棒立ちしている姿が不気味、怖いと感じ、さらに手足が今までのウルトラマンより長いのでそれが余計に怖さを引き立たせたのかもしれません。

また作中の中でも無表情と感じる人もいて、それが怖いという口コミもありました。

昔からウルトラマンは無表情ではありますが、3次元でより強調されて感じたのかもしれませんね。

またウルトラマンは「外星人」と呼ばれていて、人間のように見えますが人間ではないですし、宇宙人のようなビジュアルなので、それが余計に怖いと感じる要素でもあるのではないでしょうか。

シン・ウルトラマンの演出が気持ち悪い

作中の中の演出が気持ち悪いという声もあります。

これは2つの批判的なシーンがあり、お尻のアップを映すシーン、巨大化した長澤まさみさんをしたから舐めまわすようなアングルのシーンが批判の的となっています。

セクハラ的な演出だと感じる人もいるようですが、一方でとくに違和感がなかったという人も。

スポンサーリンク

まとめ

シン・ウルトラマンがなぜ気持ち悪いと感じるのか、口コミをもとに調査してみました!

たしかに特撮のウルトラマンと比べるとより人間に近くなったウルトラマンに違和感を覚える人はいるかもしれませんね。

しかし総じて作品自体の評価は高く、観てよかったという満足の声は多いです。

どう感じるかは人それぞれですので、まだ観てない方は気持ち悪いと感じるか?は実際に観て確認してみるといいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました