松本恭攝のwikiプロフィールや経歴、年収、高校や家族は? | 厚木ケーキを探せ!ケーキ大好きっこのブログ

松本恭攝のwikiプロフィールや経歴、年収、高校や家族は?

エンタメ
スポンサーリンク

能年玲奈さんがCMに出演している印刷会社「ラクスル」の創業者、松本恭攝(やすかね)さん。

普段印刷などしない人もラクスルのCMはなんとなく記憶に残るCMなのではないでしょうか。

このラクスルの創業者、松本恭攝さんは若いころからすばらしい経営の才能を発揮し、大学でも数々のエピソードがあります。

今回は、松本恭攝さんのwikiプロフィールや経歴などを調査しました。

松本恭攝さんのwikiプロフィール

  • 生年月日…1984年10月生まれ
  • 出身地…富山県

松本恭攝さんのご両親はじめ親戚は、みな公務員というお堅い家庭で育ちました。高校は富山県内トップクラスの進学校である県立高岡高校に進学しています。

高校卒業後は慶応義塾大学商学部に進学。2008年3月に同大学を卒業しています。

大学在学中にすでに現在の片りんが見られるようになります。

インターンで参加したコンサルティング会社では「少し変わり者で頭がよく、暑い気持ちを持った男である」と思われていたそうです。

また日中韓の学生が主催する「国際ビジネスコンテストOVAL」を立ち上げるサークルに参加。

このコンテストを北京で開催しようとしたところ、タイミング悪く日中関係が悪化していました。

そのため周囲からは「やめたほうがいい」とアドバイスを受けましたが、実行し見事成功!

それによって、「成し遂げたいことはまずは言葉にすることから始まる」という考えをもち、ビジョンを持って進めば世の中を変えられる」ということを学んだのです。

また学生時代に投資もスタートし、そこで得た資金をラクスル創業時にも活用したそうです。

スポンサーリンク

松本恭攝さんの経歴

  • 2008年4月 A.T.カーニー社入社 M&Aや新規事業、コスト削減プロジェクトなどに従事。
  • 2009年9月 ラクスル株式会社設立 同社代表取締役社長CEOに。
  • 2013年より印刷機の非稼働時間を活用した印刷の E コマース事業「ラクスル」を開始。
  • 2015年12月より物流のシェアリングエコノミーサービス「ハコベル」を開始。

大学を卒業してからは、1年ほどコンサルティング会社に就職しましたが、そこで印刷業界の効率の悪さや、コスト削減効果の高さに気づきます。

そこで松本恭攝さんは「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という信念をもとに、ラクスル株式会社設立し、比較サイト「印刷比較.com」をスタート。

当時は、週7日、1日17時間という仕事量をこなしていましたが、それでも楽しい買ったとのこと。

その甲斐あって「印刷比較.com」のPVは順調に伸びていき、100万PVを突破。

「印刷比較.com」は印刷メディアで最大手と呼ばれるほどになりました。

その後、事業の軸を比較サイトからEコマースへと移行し、2013年に「ラクスル」が誕生。

そして、創業12年で年商300億の大企業へと成長しました。

スポンサーリンク

松本恭攝さんの高校は有名人を輩出

松本恭攝さんが出身の高校は県立高岡高校です。

偏差値68の進学校で、数々の有名人が卒業されています。

  • 藤子不二雄A(漫画家)
  • 伊藤源太(アナウンサー)
  • モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト・タレント)

東京大学にも数名進学するほどの実力もあります。

スポンサーリンク

松本恭攝さんの年収

社長ともなると年収はどれくらいになるのか?気になりますよね。

松本恭攝さんは新卒入社のA.T.カーニーからすでに年収が高いです。

A.T.カーニーの初任給はなんと約660万円!月収50万円ほどとなるので、平均初任給は約23万円ですから、倍以上となります。

しかし、A.T.カーニー自体は早朝から出社して翌日の朝方まで働いていたそうですから、それだけ働いているなら、高い年収はもらいたいですよね笑

そして25歳の時に独立します。

独立時はサラリーマンではありませんので、年収という概念はなく働けば働いただけもらえますが、おそらくそこまで年収はなかったのではないでしょうか。

そして現在は年商300億の社長ですが、上場企業の平均年収は、調べてみると3500万円なので、そのくらいの年収になっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

まだ30代という若さでこれだけ勢いのある会社を作る松本恭攝さんには期待しかないですね!

これからラクスル株式会社がどのようなビジネス展開をしていくのか楽しみですね!

そして、松本恭攝さんの「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というビジョンを掲げてこれからも前進していってほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました