金田一37歳の事件簿で美雪は死亡説?出てこないのはなぜ? | 厚木ケーキを探せ!ケーキ大好きっこのブログ

金田一37歳の事件簿で美雪は死亡説?出てこないのはなぜ?

スポンサーリンク

『金田一少年の事件簿』の続編となっている「金田一37歳の事件簿」。

イブニングで絶賛連載中ですが、以前のストーリーでヒロインだった七瀬美雪が一向に出てこないと不思議に思っている人が多いようです。

なかなか出てこないので実は死亡しているのではないか?という説まででています。

果たして真相はどうなのか、口コミなどを調査し考察してみました。

金田一37歳の事件簿で美雪は死亡している?

「金田一37歳の事件簿」はコミックスで13巻まででているのにいまだに七瀬美雪は出ていません。

前作ではなくてはならない存在だっただけに出てこないのはおかしいと思うのも不思議ではないでしょう。

そして、七瀬美雪が死亡しているとささやかれる理由に「登場人物紹介」で七瀬美雪が黒塗りになっていることがあります。

このような紹介だと勘ぐってしまうのも仕方ないでしょう。

しかし、人物紹介の説明では「金田一と連絡は取っているようだが」という一文があります。

またマンガ内ではLINEのようなメッセンジャーアプリでメッセージのやり取りをしている様子などもあるので、死亡している様子はありません。

しかし美雪とのメッセージのやり取りは「過去に届いたメッセージを読んでいるのではないか?」という推察をする人もいるようです。

推理マンガだけにそういうこともあり得そうですね。

また葉山まりんのメッセンジャーアプリでは名前が表示されているのに、七瀬美雪のメッセンジャーアプリには名前がない、など不自然なところがあるというのも気になりますね。

スポンサーリンク

七瀬美雪が出てこない理由は?

前作の流れだと、金田一一と七瀬美雪はゴールインし、いろいろありながらも仲睦まじくやっていくという想像を多くの方がされたと思います。

しかしこれほど七瀬美雪が出てこないのは、七瀬美雪が他の人と結婚した設定のため、少しずつ情報をだしていくことで、読者のショックを和らげるためではという考察もあるようです。

ただこれほど七瀬美雪の登場を引っ張るのはやはりそれ以上のなにかがあるのではないかと考えずにはいられません。

スポンサーリンク

まとめ

『金田一37歳の事件簿』が13巻まで発売されているのにも関わらず七瀬美雪が出てこないのは違和感しかありません。

どのような登場となるのか不安に思っている読者が多くいることもわかりました。

早く元気な姿を見せて、37歳のはじめちゃんとのやりとりを見たいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました